開始年度は明確でない。1970年頃から開始された[1][2]可能性がある。
NTR
主な珍走場所は、大阪府岸和田市。広範囲で捉えると大阪府堺市以南から和歌山県紀の川市以北の地域である。ただし大阪府公安委員会の定例会議では「岸和田市の国道26号[3]」と説明している。
NTR
過去に放送された警察24時でも、和歌山県警のパトカーと黒豹隊[4]が追跡する様子が収められている[5]。この珍走団は岩出市から和歌山市まで追跡された。
NTR
関西地方の一部で行われる、記念日として若者が集結し集団珍走する悪しき習慣。この日は厳戒態勢が敷かれる。深夜0時になると一斉に走りだす。と警察24時で紹介された。
NTR
名称の由来は、11月3日(=Eleven Three)を跨がり集団珍走が繰り広げられるためである。あるいは過去の珍走団連合「イレブンスリー連合」の名称が由来とする説がある。11月3日が元珍走団の命日を追悼する目的があるとされる。なお言うまでもなく、11月3日の正確な英語表記は、"November Third"である。
NTR
毎年確実に行われている。この珍走行為の前日、地域の中学生・高校生では生徒に対し「条例違反[6]かつ危険であるので決して深夜徘徊はしないように」と指導・注意喚起がなされる。2005年のギャラリーは50人ほどであったが、近年1000?2000人に増加している。
NTR
2014年には約2000人の観客が深夜に集合した。珍走団は50台程が暴走し、道路運送車両法違反(ナンバー隠蔽)容疑で17?19歳の少年3人が逮捕。後の2015年1月19日、未成年の少年(17?19歳)4人がを道路交通法違反容疑で大阪地検堺支部に書類送検された[7]。また当日、大阪府警は210人以上の警察官を動員し、警戒に当たった。
NTR
また子供に見物させる必要を感じた親が子供を連れ出す事例や、乳母車で観覧する者もいるという。岸和田市は、珍走が予想される地域の飲食店・アミューズメント店(ROUND1等)・24時間営業のコンビニ等に対し、営業自粛を要請している。
NTR
元々11月3日は「文化の日」という祝日であり、近隣地域から人が集まりやすい。不幸なことに、11月3日が金・土曜日、11月2日が金・土曜日である年は、平年と比べてより大規模な集団と化す。近畿圏のみならず全国から珍走団や見物客が来るとも噂される。